口コミ評判でみる東京の人気設計事務所ガイド

相談~竣工までのながれ

ここでは、建築事務所での「相談~竣工」まで、一般的な家づくりの流れについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

家づくりの流れをチェック!

以下に、建築事務所での一般的な家づくりの流れを項目に沿って紹介します。

依頼する事務所や採用するプラン等によって、順番が前後したり同時に進行したりといったケースもありますが、一般的な流れとして参考にしてください。

▼相談

どんな事務所でも、まずは相談・打ち合わせから始まります。この段階で、すでに希望や要望が固まっている人もいれば、まだ計画がしっかりとあるわけではなく、漠然としているケースも多いようです。

建築事務所では、実際にどういった事が可能なのか?という段階から、色々な提案をしてくれます。建てる家についての話し合いや、簡単な調査・大まかな設計案の提案などが行われます。

▼正式契約

相談や打ち合わせを通して、お互いの合意が成立すれば正式契約となり、行われる業務の範囲や期間・設計料など詳細を取り決めます。

▼基本設計

本格的な設計がスタートします。

模型や見取り図などを提示してもらいながら打ち合わせを繰り返し、基本となる設計図が作成されます。

▼実施設計

仕様や設備・材料なども含めた細かな内容を決定していきます。そして、施工のための詳しい図面が作成されます。

▼申請

建築計画が確定したら、役所へ建築確認を申請します。確認の申請には一定期間が必要となり、場合によっては長引くこともあります。

▼工事契約

工事業者との間で工事契約が無事結ばれるまで、設計事務所がサポートしてくれます。何社かの見積もりを取ったり、業者選びに関してアドバイスをくれたりします。

工事業者からの見積もりに応じて、設計の最終調整を行ってくれます。

▼工事監理

工事業者に対して設計内容を指示するとともに、きちんと設計通り正しく工事が行われているかを、現場で監理・チェックします。

また、記録写真を撮り、定期的に工事状況の報告も行ってくれます。

▼竣工引渡しの立会い

工事が完了した建物の検査をしてくれ、建物の引渡しに立ち会ってもらえます。

建物の引渡しは、工事業者から使用上の注意に関する説明を受けたあと、鍵の受渡しがされます。このとき、引渡書にサインが交わされます。

 
ページの先頭へ
幸せの住まいをデザインする設計事務所ナビin東京