口コミ評判でみる東京の人気設計事務所ガイド

耐震性にすぐれている工法について

ここでは、RC工法・在来木造組工法・2×4工法を比較し、RC工法の性能について紹介しています。

RC工法や2×4工法など、主な工法構造の特徴をチェック!

家を建てる際の工法構造にはいくつかの種類があります。

それぞれ、コストはもちろん耐久性や耐震性・耐火性、さらにプラン等の対応自由度などの違い・特徴があります。

国内で一般的な一戸建ての工法構造の中で、主なものとして挙げられる3つの工法について特徴をまとめてみました。

RC工法(鉄筋コンクリート工法)

柱や梁などの主要構造部に、鉄筋の入ったコンクリートを用いる工法で、鉄筋とコンクリートのメリットを一体化させた工法です。

耐久性耐火性耐震性などに優れており、その高い性能やデザイン性から、近年ではマンションやビル等のみならず一般住宅においても多く取り入れられています。

在来木造軸組工法

日本における伝統的な工法で、柱と梁を組み点で力を受けます。費用が安く済むという点、また、デザインに対する自由度が高いという点が大きな魅力と言えます。

ただ、職人の腕により左右される工法でもあり、しっかりとした構造計算ができない場合、強度面に不安が残ります。

2×4工法

2×4インチの合板と部材で壁・天井・床の面を作り、組み合わせるという方法です。建物自体の重量を、軸(柱)ではなく面(床・壁など)で支えます。

強度を壁により支えるので、大きな開口部を設置しづらいという特徴があります。また、壁の配置等にも制限があるため、間取りの変更などのリフォームが難しい工法と言えます。

さまざまなメリットを持つRC工法

上で説明した3つの工法の性能や特徴を、簡単な表でまとめています。

  耐久性 耐震性 耐火性 防音・遮音性 設計の
自由度
敷地対応力 増改築のし易さ
RC工法
在来木造
軸組工法
2×4工法

表を見ても分かるとおり、耐久性や耐火性など、「RC工法」は安全性に優れています。

この工法は、引っ張る力に強い鉄筋と圧縮する力に強いコンクリートを組み合わせており、非常に優れた耐久性を持っているほか、「耐震・耐火性能に優れている」・「断熱・気密・遮音性能が高い」・「大空間の設計が可能」といったメリットもあります。

耐久性や安全性が高く、設計にかんしての制約も少ないRC住宅なら、理想の住居を手に入れられるかもしれませんね。

 
ページの先頭へ
幸せの住まいをデザインする設計事務所ナビin東京