口コミ評判でみる東京の人気設計事務所ガイド

ハウスメーカーや工務店とのちがい

ここでは、ハウスメーカーや工務店との違いにくわえ、建築事務所のメリットや強みを紹介しています。

建築事務所・ハウスメーカー・工務店の違い

家を建てようと思ったとき、依頼先として選択肢に挙がってくるのは、主に次の3つです。

  1. 建築事務所
  2. ハウスメーカー
  3. 工務店

それぞれに違いや特徴がありますが、「どんなふうに違うのか」・「どこを選べば良いのか」という方のために、それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめています。

東京にあるおすすめの建築設計事務所ランキングをチェック

【建築事務所】

◆メリット

  • ゼロからの自由設計が可能なため、オンリーワンの家づくりができる。
  • 唯一、専門家が依頼者の側に立って家づくりが行われる。
  • 設計のみならず監理も行うため、手抜き工事が少ない
  • 狭い敷地や高低差のある敷地、また、変形敷地などにも対応が可能。
  • 施工業者による見積もりが、適正かどうかの判断が可能。

◆デメリット

  • 担当する設計者との相性が非常に大事となる。
  • 工務店やハウスメーカーに比べ、施工に時間が掛かることが多い。
  • 設計監理費が必要となる。

【ハウスメーカー】

◆メリット

  • モデルハウスなどにより完成後のイメージが持ち易い。
  • 大企業ならではの信頼感・安心感がある。
  • パンフレット等の資料が豊富。
  • 仕上材等が工業化されており、仕上がりに統一性がある。

◆デメリット

  • 設計自由度が高くない。
  • 既製品を使うので個性を出しづらい。
  • 第三者の監理がなく、手抜きの場合に分からないことが多い。
  • 希望や要望などが営業マンから設計者へと伝わりづらい。
  • 莫大な人件費や広告費、展示場運営費などにより、費用は割高になる。

【工務店】

◆メリット

  • 安い費用での家づくりが可能。
  • ハウスメーカーと比較すると自由度が高い
  • 安く建材を入手することができる。
  • 施工・設計契約が別れていないため、契約事項が分かり易い。

◆デメリット

  • 設計のレベルやデザインセンスが高くない場合が多い。
  • プラン計画力が高くない。
  • 施工と設計が一括の場合は、第三者の監理がなく手抜きの場合に分からないことが多い。

建築事務所で家を建てることのメリットと強み

それぞれのメリットやデメリットはだいたい掴めたかと思います。

これらの特徴を考慮したうえで、家を建てる際におすすめしたいのは、やはり建築事務所です。

家のことを知り尽くしている、いわば“家のプロ”である設計士は、そこに住む人・家族のライフスタイルをしっかりと把握し、また、予測したうえで設計・デザインを始めることができます。設計段階において、そこに住む人にとっての“快適性”や“動きのパターン”の計算ができるという点は、建築事務所の一番大きな強みではないでしょうか。

ハウスメーカーや工務店とは別次元の“満足感”を実感できる建築事務所で、ぜひ自分だけの特別なマイホームを手に入れてください。

 
ページの先頭へ
幸せの住まいをデザインする設計事務所ナビin東京